パソコンの吸気/排気口のほこりを取る

パソコンの吸気/排気口には、ほこりがどんどんたまっていき、放っておくと吸気/排気口がふさがれて空気の出入りが少なくなってしまいます。

そうなると、パソコン内部の温度が上がり、温度を下げようとするため、ファンの回転数が上がります。ファンの回転数が上がるとファンの音が大きくなって、仕事に集中する妨げになります。

また、パソコン内部の温度が上昇してCPUの熱冷却ができなくなってくると、CPUは自動的に処理速度を落として、熱の発生を抑制します。その結果、アプリケーションの実行速度が落ちてしまい、仕事に影響してしまいます。

そして、パソコン内部の温度が改善しないままだと、熱暴走を起こし、最終的にはパソコンが故障してしまいます。そうなってしまうと、パソコンの修理や買い換えをしなくてはなりません。データのバックアップをとっていなければ、データを復元することができないか、できたとしても時間や費用がかかります。

そうならないためにも定期的にパソコンの吸気/排気口のほこりを取ることをおすすめします。

パソコン内部の掃除については、パソコンに詳しいのであればした方がよいですが、あまり詳しくなければ、外側のほこりを取ることにとどめた方がよいでしょう。メーカーによっては、ユーザがパソコン内部を開けると保証規定に抵触する場合もありえます。

また、エアーダスターやお掃除シートは使用しない方がよいでしょう。

パソコン内部の掃除の際には、感電防止と静電気による故障を防ぐために電源コンセントとすべてのケーブルを抜いてから作業するとよいでしょう。また、静電気による故障を防ぐために、作業前に静電気除去グッズなどで身体の静電気除去を行う、セーターなど静電気が起こりやすい衣服を着ない、使い捨てのビニール手袋をつけるなどの対策をするとよいと思います。

ほこりの除去は、吸気/排気口やパソコン本体のケースにとどめておいて、基板周りは触れない方がよいでしょう。

また、作業の前にはあらかじめバックアップを取っておくとなおいいと思います。