Adobe Acrobat Reader DCのツールバーの表示状態とズームの倍率指定を記憶させる方法

少し前となりますが、Adobe ReaderはAdobe Acrobat Reader DCという名称に変わったようです。名称の変更とともにUIも変更されています。

新しいUIでは、ドキュメントの左右にツールバーが表示されます。デフォルトでは、左右のツールバーを閉じても再度ドキュメントを開いた際にツールバーが開いてしまいます。また、ズームの倍率指定も保存されません。

そこで、ツールバーの表示状態とズームの倍率指定を記憶させる方法をご紹介します。

メニューから編集 > 環境設定…を選択します。そして、左側の分類から文書を選択します。

開き方の設定で、次の2つにチェックを入れます。

文書を再び開くときに前回のビュー設定を復元
メニューバー、ツールバーおよびウィンドウコントロールの非表示化を許可